歯削る機器の滅菌について

少し前の話になるのですが、5月18日の読売新聞に歯を削る機器の滅菌について取り上げられていました。


a0263925_16182523.jpg

歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、
国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう
呼びかけている。

調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に
入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、
使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。
2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。
滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。
一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合
は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。
別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、使いまわしの割合は平均71%だった。
(読売新聞記事より抜粋)


自分の口の中に入る機器なので、この記事を読むと誰でも不安になると思います。
当院では、開院当初より歯を削る機器含め、診療の際に使う器具は全て患者さんごとに交換・滅菌を行っており、
手袋、エプロン、紙コップなども毎回新しいものを使用しております。

唾液の付いた手で触る部分はラップやアルミホイルを巻いたりしています。
a0263925_1613251.jpg

写真で見ると、ちょっとダサいのですが…そんなこと言ってられません!

今後とも、院内感染予防には万全を期して参りますので、どうぞ安心してご来院ください。

by kusano-dc | 2014-05-30 16:22 | スタッフのブログ

ウォーキングを取り入れてます

ここ最近は、ランニングよりもウォーキングをしています。
それも、かなりゆっくりと。

ゆっくり歩くと呼吸が整い、血流の改善と疲労の回復がなされます。
おかげで、今は右脚の太腿の痛みを感じなくなりました。
ウォーキングをすると、体のコンディショニングになるのですね。

姿勢も悪いし、体の使い方も下手な私ですが、
しばらくはウォーキングとジョギングをしながら、
体の使い方を工夫していこうと思います。

by kusano-dc | 2014-05-26 13:31 | 陸上競技・ランニング関係