気象の変化と体調について

気圧や気温の変化が激しいと、体調を崩しやすいと
昔から言われています。

岡山大学予防歯科での最近の調査によると、
気象変化の激しかった日の1~3日後に
歯周病の急性発作が出やすいということが分かりました。

当院でも、「今日は複数の人が親知らずが腫れて来院した」など、
気象の変化が関係していると思われる、急患の多い日を経験しています。

ここ数日、急激に寒さが厳しくなっていますので、
皆様が体調に気を付けていただければと思います。

by kusano-dc | 2015-12-18 12:50 | その他